カテゴリー:脱毛痛み
ホームPage 1 / 11

友人として忠告するんだけど、
ムダ毛処理した方がいいよ!

子どもの頃から痛みに弱く、とにかく痛いのが嫌な私が、思い切って脱毛にチャレンジしたのは2年前でした。

久しぶりに友人の雅美と旅行に行った時のことです。その日は、普段は、はかないミニスカートで出かけました。


ところが、雅美はそんな私の脚を見て、一言、

「友人として忠告するんだけど、ムダ毛処理した方がいいよ!」

「あっ!いつもムダ毛の自己処理はしてるんだけど、最近パンツばかりはいてたから、忘れてた。」

私は恥ずかしさのあまり、必死で言い訳していました。

雅美は、今度は私の腕を見ながら、さらに言いました。

「ムダ毛処理をしてないと、彼氏ができた時にも、ドン引きされちゃうよ!少しくらい痛くても、レーザー脱毛すれば、あとは楽だよ。」

結局、その旅行中は、ムダ毛が気になって、せっかくの温泉にも入らず、すっかり意気消沈して帰ってきました。

痛みに弱い私の初脱毛は
涙ぽろぽろで失敗でした

そして、ついにレーザー脱毛にチャレンジしたのです。

何となく頭から遠い方が我慢できそうだと思い(?)脚からお願いしました。
とにかく、痛みがこわかったのです。

「本当に、我慢できるでしょうか?大丈夫でしょうか?」

何度も訊ねる私に、

「痛かったら出力を下げますので大丈夫ですよ。」

ピンク衣のお姉さんが素敵な笑顔で言ってくれました。

そして、ついに始まりました。

「エッ!うそっ!こんなに痛いの!!でも、ツルツルのためだ。我慢しなくちゃ」

ところが、とても耐えられそうにないのです。

”ゴムではじかれたような痛み”って聞いてたけど、それどころじゃなく、
私には”剣山が刺さるような痛み”で、ベッドが汗まみれになってしまいました。

「お願い、もう、止めて!」

出力を下げて再開しましたしたが、やっぱり無理でした。

「困りましたね。麻酔のクリームを塗って再開しますか?」

なかばあきれ顔で、聞かれましたが、辞退しました。

私以外の他の女子は、こんなに痛いのに耐えているのかな。。
私って、ほんとに不甲斐ないってことなのかな。。
女子失格なのかな。。

帰宅途中にいろいろ考えていたら、ポロポロ涙がこぼれました。

3歳の子供もできる脱毛で救われました!

そんな情けない私にも、一筋の光が射したのです。

休みの日に何となくテレビを見ていたら”キッズ脱毛”という特集がありました。
最新の脱毛理論に基づいているそうで、痛みはほとんど無く、3歳の子どもからOKだというのです。

「えっ!痛くないの。。しかも、3歳の子どもって、どこを脱毛するの?」

ひとりでツッコミを入れながらも心臓はバクバクでした。

すぐにネット検索で調べました。そして、ついに見つけました。

今までの脱毛は、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応するライトやレーザーを当てて毛根を破壊する単発式脱毛と呼ばれるもので、痛みもある程度覚悟しなければいけませんでした。

(私の場合は、ある程度の痛みでは済みませんでしたが。。)

ところが、最新理論は、蓄熱式脱毛と呼ばれ、毛乳頭に「毛を生やせ!」と命令する【バルジ領域】という毛包組織を狙い、ここに熱が留まることで発毛因子の抑制をおこなうそうです。

この【バルジ領域】は毛根より浅いところにあり、これまでのような強い脱毛照射エネルギーは、いらないようです。

だから、痛みもほとんど無く、温かさを感じる程度だというこで、3歳の子どもでも脱毛できるのですね。

おまけに従来の毛根のメラミン色素を狙わないので、うぶ毛や白髪、ほくろ、日焼け肌の方でもOKですって!

私が求めていたのは、これだ!!
私のための脱毛法だ!!

さっそく、無料カウンセリングの申込みをしました。

「本当に痛くないの?大丈夫ですよね?」
不安でいっぱいの私は、やはり何度も確認してしまいます。

「大丈夫ですよ。」
対応してくれたお姉さんの優しい声で少し安心できました。

着替えて、施術。

いざ、となれば、やっぱり、ビビりまくってしまいます。。が、

「えっ!本当に痛くない!やったー!」
施術部分がほんのり温かくなるだけでした。しかも、恐怖の冷却ジェルもありません。

結局、毛周期にも関係なく施術できたので、あっけなく、半年で脱毛は終了しました。

脱毛で私の人生が変わりました!

今では、友人から「きれいな肌してるよね!」って言われるし、彼氏もできました。

なんだか、これまでの怯えてばかりいた自分に、自信が持てそうです。

ノースリーブ、水着、ミニスカート、小さい下着・・・何でも好きなものを堂々と着れます。

カミソリ負け、肌荒れ、旅行前の自己処理、生理中のムレや痒み、彼氏とのエッチでの気兼ね・・・すべてのイライラが解消されました!

脱毛で私の人生が変わりました!!

カテゴリー
タグ

バルジ領域って聞いたことはありますか?

 

バルジ領域は2001年頃に薄毛治療の研究から発見された幹細胞の一種です。

 

このバルジ領域からの発毛因子(色素幹細胞、毛包幹細胞)が、毛乳頭に「毛を生やせ!」と指令を出しているから毛が生成されるのです。


これまでは、毛が生えるのは、毛乳頭や毛母細胞が関わっていることは分かっていたのですが、バルジ領域も深く関わっていることが新たに分かったのです。

 

 

これによって、育毛剤ではバルジ領域を活性化する成分を含んだものが多く出てきています。

 

また、脱毛業界では、新理論として、このバルジ領域を壊して、毛母細胞が生成されないようにする脱毛法が人気となっております。

 

これまでの脱毛法は毛穴の奥にある毛乳頭にダメージを与えるもので、多少の痛みは覚悟しなければいけませんでした。また、成長期の黒い毛(メラニン色素)のみに反応させるので毛周期に合わせたお手入れしか出来ませんでした。

 

 

この新理論のバルジ領域は毛乳頭より皮膚の表面に近いところにあるため、これまでのように強い脱毛照射エネルギーは必要なく、弱い照射エネルギーを連続で当てながら、熱を蓄えて脱毛をするので、痛みもほとんどありません。

 

 

この脱毛方式は「蓄熱式脱毛」と呼ばれています。

  • 蓄熱式脱毛のメリット
  • うぶ毛・金髪・日焼け肌の方でもOK
  • 痛みはほとんど無く、温かさを感じる程度
  • 毛周期に関係なく2週間から1か月のペースでお手入れ可能
  • 予約が取りやすくなる
  • キッズ脱毛も可能
  • やけど・ヒリヒリ感・かゆみ・肌荒れがほとんどない
  • 蓄熱式脱毛のデメリット
  • 効果の実感が遅い
  • 比較的新しい技術なので実績が浅い
タグ
ホームPage 1 / 11