スカイマークが、えらいことに。。

客室乗務員のミニスカートワンピース制服で話題となったスカイマークが、えらいことになっているようです。

スカイマークは、2014年内にエアバス社とJALや全日本空輸(ANA)ですら導入していない超大型のA380を全6機 カタログ価格で1機4億1400万ドル(約420億円)の購入契約を結んでいたようです。
ところが、スカイマークは円安や経営環境の悪化の影響から、2機の導入を延期して残りの4機の契約を解除するようにエアバス社と交渉していました。

交渉は難航しているようで、「スカイマークが大手航空会社の傘下に入ることを契約変更の条件の一部として要求しているため」とスカイマークの西久保社長は説明しています。

しかも、エアバス社は、契約変更を言い出したのがスカイマーク側ということで、違約金として700億円規模を請求しそうだというのです。
エアバス社の日本法人は『交渉は終わっている。』と述べているそうで、今後、スカイマークとは協議しないようです。

頑張れ!スカイマーク!!

子供達も夏休みにワンピースジェットの麦わらの一味に会えるのを楽しみにしています。。